磯釣り 和歌山見老津(地磯)単独釣行







大会が、訳あって延期となりましたので和歌山県すさみ見老津の地磯へ単独釣行してきました。

自宅を1:30に出発し、途中いつもの餌屋さん(Tポート)で予約していた餌を購入し、いざ見老津の地磯へ!
見老津の地磯には4:30に到着!さすがに人気の地磯だけあって既に車が4台止まっています。
早速準備を行い、ヘッドライトを頼りに比較的降りやすい山道を降りていきます。(ここは楽勝です)
いつものお気に入りの場所はやはり先客が…、しかも4人もその場所に…。
その場所は諦めて一番奥に向かうが、途中のポイントも2人の方が入っています。
そして一番奥にも2人の方がスタンバイしているではありませんか。
この地磯の釣りやすいポイントは、全滅!(ついてないですねぇ。)
仕方がないので一番奥の方に声をかけて少し横のほうでさせて頂けるようお願いし仕掛けの準備に取り掛かります。

そして明るくなってきたので、釣り開始!
第一投目、いきなりヒット!赤雑魚…。
第二投目、またもやヒット!またまた赤雑魚…。
その後、沈黙です。

となりの方は、イズスミ、タカノハを釣りあげています。
今日は潮の状態がが良くないです。

その後、あの手・この手で仕掛けを投入するも、釣れてくるのは木端グレ、ベラ、フエフキ、タカノハ、こんなのばぁっかりです。

午後から少し潮が動き出し、少し沖に潮目が出来たのでダイレクトに仕掛けを投入。
しばらくするとウキが海中へゆっくりと入っていきます。すかさず合わせを入れるとギュイーンと竿を締め上げる引きです。
かなりの良型を期待するも引きは竿を叩くような引きになってきました。(ショック!)
そんな思いでやり取りをしていると根ズレで痛恨のラインブレイク!(きっとサンノジだと思います。)
釣座の前に大きな根が張り出しているので根がかりと根ズレのオンパレードです。

気を取り直して、同じように潮目へ仕掛けをダイレクトへ投入。
するとラインがいきなり、「バチバチバチッ!」とでていきます。
何がかかったのか?青物?とにかく強烈な引きです。
何ども竿で溜めきれず、レバーブレーキで糸を出してのやり取り、レバーを緩めると「ブゥーン」とハンドルが勢いよく逆回転します。
何とか少しラインを巻いたところでまたしてもラインブレイク。(ヘタクソッ!ってつい声に出してしまいました。)

14:30頃、撒き餌もなくなってきたのでそろそろボーズを覚悟しながらも、仕掛けを投入。
すると、先ほどよりは弱いですが「バチバチッ!」とラインが出ます。
今度も慎重にやり取りをしながら何とか足元に寄せてきたのは、カツオでした。
先ほどの魚もカツオだったんでしょうね。

すぐに魚を〆て血抜きを行い、クーラーバックへ保管!

その後、撒き餌がなくなり終了となりました。

今日は、本命のグレ(木端除く)には相手にされませんでしたが(周りも釣れていませんでした)、五目釣りを楽しみました。

何とか、三女に食べてもらうお土産はGET出来ました。
新鮮なんでお刺身で食べてもらおっと。

15:30撤収。
20:30自宅着。
休日とあって、一般道・高速道路ともに大渋滞で5時間もかかってしまいました。

さぁ、今から道具の掃除とメンテをしま~す。

この記事へのコメント

アクアクララ