山登り(岩湧山)単独

今日は天気も良いようなので、ふと思い立ち「岩湧山」への山登りに行ってきました。

10:30 自宅を出発。
11:20 「岩湧寺」駐車場へ到着。(自宅から25kmの距離でした。)
早速リュックを背負い、「岩湧寺」へお参り。
あれやこれやと一杯お願い事はありますが控え目に、何故ならお賽銭も控え目なので…。
※ 岩湧寺とは、大宝年間(701~704)役小角が開基。本堂、多宝塔(重要文化財)、庫裏がある。
img_0.jpg

11:30 登山口から出発。
本日のルートは、比較的楽な「いわわきの道」ルートを選択です。

しばらく登るとダイトレ(ダイヤモンドトレール)との合流です。
ここからはダイトレを通り山頂を目指します。
※ ダイトレとは、槇尾山(西国三十三ヵ所 四番札所)から金剛山を通り、さらに二上山まで通っている登山道です。

img_1.jpg

そしてここからは山頂への最後の登りです。
ここからは今までの植林からガラっとかわりカヤ場となります。

12:30 山頂到着。
※ 岩湧山 標高897.7m、和泉葛城山系で南葛城山に次いで2番目に高い山。
  山頂一帯のカヤ場はキトラと呼ばれ、重要文化財などの屋根葺きに使用されています。

img_3.jpg

途中の展望デッキから眺めた方角を山頂から望む。

img_4.jpg

槇尾山の向こうには関西国際空港が見えています。

img_5.jpg

遠くに金剛山、このダイトレがずっと向こうまで通っているとは凄い。

img_6.jpg

今日の昼食は、カップラーメンとおにぎり、そしてインスタントコーヒー。
このコーヒーがたまらなく美味しいんですよね。

13:15 一息ついたので、下山開始です。
下山のルートは、途中まではダイトレを通り、それから「きゅうざかの道」を通るルートです。
名前の通り、かなりきつい坂のルートですが今回は下りなので問題なしです。

13:45 駐車場へ到着。

今回、近場の「岩湧山」への山登りという事で非常に短い時間でしたが、久しぶりに山の中の時間を体感しました。
このゆっくりと進むような自然の中の時間がたまらなく大好きなんです。
これからゆっくり、でも着実に近づいてきている冬、極寒の季節がやってきます。
とは言え、自分のペースで楽しんでこれからも山登りを楽しんで行きます。

この記事へのコメント

アクアクララ