思い出深い「撒餌杓(ヒシャク)」 と3社製品比較







随分前の事ですが、私が三重県尾鷲の磯で行われたあるローカルな競技会(釣技会・釣り大会)で、たまたま予選を通過したことがありました。(※現在は全国的な競技会となっています。)

その日は、前日から天候が悪く大会も出船できるかどうか怪しいような感じでしたが、何とか雨・風・うねりはあるものの、これから治まってくる天気予報のようなので無事出船ができました。
私達が降りた磯は、「筆島」だったと思います。
お隣の磯では、現在某メーカーのHPにて商品紹介を行っているアングラーの方もおられました。
大会は3人一組となり、各磯で競技を開始します。
私はジャンケンに負け、スタートの釣座選択は一番最後。
約1時間30分交代で釣座を入れ替わっていきます。
朝一番は波で磯の先端に入ることが難しい状況ですが、後半から波も治まってくるという予報なので、その先端のポイントにどのタイミングで入ることが出来るかで釣果が変わってくると考えられます。
そしてジャンケンで勝った方が、スタートダッシュを狙ったのでしょう、波をかぶっている「1」の先端を選択。
2番目の方が、次によさそうな「2」ポイント。
そして私は、「3」のポイントへ入ります。
私のポイントローテーションは「3」の釣座 → 「1」の釣座 → 「2」の釣座 という感じです。
残念ながら「3」の釣座では、イズスミのみ。
そして「1」のポイントへ移動後、嬉しい事にお土産にピッタリな「イサギ」が入れ掛かりに。
30cm~40cm位のイサギを10匹程度釣り上げ、グレ釣に戻ります。
グレは、少し軽目の仕掛けをイサギのポイントから少し離して仕掛けを投入し、こぼれた撒き餌を拾うグレを釣るイメージで仕掛けを投入したところ、見事にこの作戦がハマり30cm前後のグレを数枚GETすることができました。
その後「2」の釣座へ移動しましたが、イズスミを追加しただけで競技終了。
港にて検量の結果、運良く全体の4位でギリギリ予選通過!という感じでした。

師匠にその報告を行ったところ、師匠から予選通過のお祝いとして手作りの撒餌杓(ヒシャク・柄杓・杓)を頂いたことがありました。
その撒餌杓は、カップが16cc位のステンレス製で、シャフトはカーボン、グリップが和を感じさせる竹製というもので非常に味わい深い感じの撒餌杓でとても気に入り今も大切に使用している撒餌杓です。
性能的には、一流メーカーから発売されている製品に軍配があがりそうですが、私にとっては大切な宝物です。
syaku-0.jpg

そして今、「SHIMANO」「DAIWA」「がまかつ」から発売されている最上級グレードの撒餌杓(ヒシャク)がこちら!
最新の撒餌杓(ヒシャク)は素晴らしい性能のものばかりですね。
各社の性能・機能を比較してみても遜色なし!
どれも操作性に優れ、餌離れの良い加工がされているといった感じで目移りしてしまいます。

SHIMANODAIWAがまかつ
FIRE BLOOD
チタン遠投ヒシャク
トーナメント
ロングキャスターX
まきーな
FINE SPECIAL M
hisyaku-10.jpghisyaku-20.jpghisyaku-30.jpg
カップ素材カップ素材カップ素材
チタンチタンチタン
軽くて、振りぬき性能
が良く、さびにも強い。
こびりつきにくい、ショットブラスト加工。
傾斜角5度のカップで、マキエがすくいやすく、投げやすい。
エサ離れがよい「新フッ素加工」
軽量・耐蝕性に優れたチタンカップ。
カップに1つ孔付きで水切り・餌離れ抜群
カップサイズカップサイズカップサイズ
20cc
30cc
の2タイプ
16cc
20cc
の2タイプ
16cc
22cc
の2タイプ
hisyaku-11.jpghisyaku-21.jpghisyaku-31.jpg
シャフト素材シャフト素材シャフト素材
カーボンカーボンカーボン
スパイラルX + ハイパワーXのダブルX構造シャフトでカーボン本来の反発をより活かし遠投性アップX45を搭載したシャフトでネジレを防ぎ、遠投性・正確性を向上先調子のシャフトで、抜群のコントロール性能
を実現
シャフト長さシャフト長さシャフト長さ
66cm
76cm
の2タイプ
65cm
75cm
85cm
の3タイプ
65cm
70cm
75cm
80cm
の4タイプ
hisyaku-12.jpghisyaku-22.jpghisyaku-32.jpg
グリップグリップグリップ
さまざまな握りに対応のパワージョイントグリップ。
濡れた手でも滑りにくいマットラバーコーティング
軽くて握りやすい発泡EVAグリップ人間工学に基づき、握りやすい山なりの形状を採用したE.V.Aグリップ
その他その他その他
スケール付シャフト(20~30cmまで対応)
海に浮かぶフロート設計
海に浮かぶフロート設計
メーカー希望
本体価格
メーカー希望
本体価格
メーカー希望
本体価格
66cm 8,700円
76cm 9,000円
15,000円65cm 11,000円
65cm 11,100円
70cm 11,200円
70cm 11,300円
75cm 11,400円
75cm 11,500円
80cm 11,600円
80cm 11,700円


シマノ FIRE BLOOD SY-113L チタン遠投ヒシャク レッド 66cm M



【ダイワ】トーナメント ロングキャスター X



がまかつ(Gamakatsu) まきーなFINE SPECIAL GM-832 M(22cc) 650




コストパフォーマンスから考えると、「SHIMANO」FIRE BLOOD チタン遠投ヒシャク がお買得かな?

釣りをしていると、うねりなどで不意に大波が足もとを洗うといったことが良くあります。
そんな時、波にバッカンごと流され撒餌杓(ヒシャク)をロストしてしまうという経験をしたこともありますので、必ず予備の柄杓を用意しております。
師匠から頂いた撒餌杓(ヒシャク)は、流されないように場所を選びながら使用していますので今のところロストしなくてすんでいます。

他にも、プラスチックカップなどの撒き餌杓(ヒシャク)もありますので、また紹介したいと思います。

みなさん、予備の撒餌杓(ヒシャク)はお持ちですか?
手杓にならないように予備は用意しておいてくださいね~。

この記事へのコメント

アクアクララ