【突堤 フカセ釣】まさかの例会中止! 突堤でグレてやる!







本当は今日、かなり楽しみにしていた年に数回の釣りクラブの例会開催の予定でした。
場所は和歌山 串本で徐々にグレの釣果も出てきている状況でやる気満々でしたが、生憎 波が高い予報ということでクラブ員の安全を優先し、残念ながら例会が中止となりました。

今回の釣行では、新しくマルキューさんから発売されました「超遠投グレ」と私がメインに使用している「グレパワーV9」との相性がどうかを試してみたかったのですが・・・。
KIMG0314.jpg

気持ちは釣りモード!
例会のために予定もバッチリ空けていたのに・・・。
こうなれば中年オヤジもグレてやる!
ということで、波が穏やかな大阪南部の突堤に一人さみしく行ってきました。
(実際は、全く穏やかではなく、波もかなりあり、何度も波を被ってしまいました・・・。)

自宅を3:00に出発し、突堤に到着したのは4:30頃。
お天気は、残念なことに小雨状態です。
そんなコンディションのなか、道具を担いで先端へ進みます。
まだ、夜明けまでには時間が十分あるので、エギで遊んでみますが全く反応なし。
周りのエギンガー達も全くダメとのこと。
残念!


6:30頃にはすっかり雨もやみ空が明るくなってきたので、フカセ釣りの準備に取り掛かります。
まずは、「生オキアミ 1角」をバッカンに入れマゼラーで細かめに崩します。
次に、「生オキアミ 1角」を形が残る状態でバッカンに入れます。
この時、半解凍状態でしたら、靴のかかとで軽く押さえるように踏んでいくと綺麗に崩すことが出来ます。
オキアミがバッカンに入れば、マゼラーで混ぜ合わせます。
そして、「グレパワーV9」を入れ同じように混ぜ合わせます。
(この時、少し集魚材を残しておきます。)
最後に、新製品の「超遠投グレ」を入れ全体が混ざるように丁寧に混ぜ合わせます。
あとは、適量の水を入れ適度な粘りが出るぐらいに仕上げます。
※ 今回「グレパワーV9」はお徳用ではなく、通常の2Kgタイプを使用しました。

今回発売された「超遠投グレ」とは?
沈下速度:10秒間に約0.9m沈むらしい。
その名の通り、沖目のポイントも思い通りに狙える超遠投タイプのベースエサで、マルキユーさんのグレ用製品の中ではNo.1の遠投性ということです。
前回の記事に書かせて頂いた「横風」や「向かい風」などの悪条件の中でも撒餌を狙ったポイントに投入しやすく、操作性も抜群。
また視認性が高く、撒餌を投入したポイントがわかりやすいので、仕掛け投入の狙い位置が一目でわかります。
拡散性も良いので、沖目でのサシエとの同調がしやすくなるベースエサです。

撒餌の準備が出来たので、サシエの準備を行います。
今回のサシエは先日自宅で加工した「オリジナルくわせエサ(酒ナシ)」と「オリジナルくわせエサ(酒アリ)」の2種類を使用します。
「オリジナルくわせエサ(酒ナシ)」の半分を餌箱にとりわけ、先ほど少し残しておいた「グレパワーV9」を振り掛けてなじませておきます。

本日のタックルは、
いつもの
ロッド DAIWA DXR 1.35号
リール DAIWA トーナメントZ2500 LB(予備リール)
道糸 サンライン テクニシャン:1.75号
ハリス サンライン トルネードVハード:1.5号~1.75号
針 がまかつ TKO:5号~6号
ウキ SHIMANO CORE ZERO-PIT TYPE-D (M):0、B、3B

早速、まず足元に撒餌を打って拡散性を見てみます。
潮が結構早く動いているので撒餌がすぐに拡散していきます。
拡散性については「超遠投グレ」よりも「グレパワーV9」のほうが良いような感じ。
沈下速度については、若干「グレパワーV9」よりも「超遠投グレ」が早いように感じます。
「グレパワーV9(赤っぽい)」と「超遠投グレ(白っぽい)」とは粉の色が違うのでわかりやすいです。
続いて、遠投性をみてみましょう。
「超遠投グレ」だけでの遠投なら良く飛ぶのかもしれませんが、実際はオキアミや他の集魚材も入るのでその時の実力はどうでしょうか。
65cmの撒餌杓で20ccカップにしっかりと撒餌を詰め遠投!
そりゃッ!
飛びました!
天気予報では風速約2(m/s)、(実際はもっと風が強いような感じでしたが)「向かい風」の状況で、飛距離約20m以上は飛んだのではないでしょうか。
無風状態であれば、もっと遠くに余裕で飛ばせそうな感じです。
また、実際に超遠投が必要な時は、水加減を調整ししっかり練り込めば十分戦力となるベースエサです。
着地点までに幾分かバラけて落ちるのはありますが、拡散性を考えれば個人的に十分な飛距離がでていると思います。
そして、もうひとつ重要なのが、集魚効果です。
この配合パターンでどれだけ釣ることができるのか楽しみです。

それでは、第1投目。
この場所は、ゴロタ浜に突き出た突堤なので、近場はかなり浅いため、20m位先に仕掛けを投入してからの釣りとなります。
何杯か撒餌を先打ちしたところに仕掛けを投入しますが、反応がありません。
棚は2ヒロでスタートしていますが、恐らく2ヒロ半~3ヒロ位で底に着くのではないかと思います。

取り敢えずは、セオリー通り棚を少しずつ深くしていきます。
そして数投目でサシエがようやく取られました。
何か餌取りが集まってきたようです。
同じようなことを何度かして、ようやく餌取りの正体がわかりました。
イワシが沸いているようです。
「グレパワーV9」と「超遠投グレ」の組み合わせでは、少なくともイワシは集めることができました・・・。
肝心のグレはと言うと、なかなか手ごわい状態です。

イワシ、フグの猛攻に合い、タジタジ状態。
とにかく、イワシを避けたいので、イワシは足元に撒餌を大量に打ち、釘づけにしておきます。
その隙をついて、超遠投で仕掛けと撒餌を入れるパターン、棚は約2ヒロ半で何とか小さいながらもチヌ(黒鯛)とサンバソウ(石鯛の子供)を数枚ゲット。
当然小さいのは、海にお帰り頂きます。
どうにかお土産は確保したものの、肝心のグレの姿が見当たりません。

満潮時間の10:00を過ぎたぐらいから、潮が下げに変わってきたせいか、木っ端グレが釣れ出しました。
ポイントは、チヌのポイントと殆ど変らないところですが、棚が1ヒロ半から2ヒロのあたりでグレが食ってきます。
同じような釣りが続き、12:00前位にようやく本日最初の少しマシな27cm位のグレをGET!
また30分位時間が空いて、本日最大の28cmグレをGET!です。
KIMG0315.jpg


何だか、強風の中、一人でさびしくあまり釣れない釣りをしているのに疲れてしまい、14:00納竿としました。
突堤に散らかった撒餌を綺麗に洗い流し、チヌ3枚、サンバソウ1枚、グレ2枚をお土産に帰宅です。

帰宅後は、早速お魚を捌いてお造りにしました。
今日のお酒の肴はグレの姿造りです。
美味しく頂きます。
KIMG0317.jpg


本日の、テーマとしていた「超遠投グレ」と「グレパワーV9」との相性については、勿論悪くはなかったです。
今回は、突堤ということでグレ釣り場ではなかったので、もう一度磯で試してみたい気がしています。
ただ、今日だけの感覚では、「グレパワーV9」+「爆寄せグレ」+「イワシパワーグレスペシャル」の組み合わせのほうが反応は良いように思いました。
しかし、遠投を考えると「超遠投グレ」と「グレパワーV9」もアリなような気もします。
難しいなぁ~。
それと、「オリジナルくわせエサ」の出来も、まずまずでした。
お酒入りのほうが、やっぱり食いが良いような感じですね。

私がいつもまとめ買い時に使用する、楽天市場で最安のお店です。
楽天ポイントが利用できるので助かってます。

≪2015/10/22新発売≫【マルキュー】 超遠投グレ 1.8K入り



【釣り餌】 【マルキュー】グレパワーV9徳用 たっぷり使える徳用サイズ 3k入り



【釣り餌】【マルキュー】爆寄せグレ 2k入り



≪10/30 新発売≫【釣りエサ】【マルキュー】 イワシパワーグレスペシャル 2k入




この記事へのコメント

  • 黒桜 釣り倶楽部 jigusou

    渡船 磯釣りが多いので V9と超遠投グレの組合せは、自分も良く使います。 沖目の遠投が多いので 尾長、クチブト、クロダイ、 効果あると思います。

    イシグロにも投稿してますが、黒桜 釣り倶楽部 を検索して jigusou を見て下さい。 自分は、この組合せは、ありかと 思います。
    2016年02月16日 21:30
  • 依彩雄

    コメント有難う御座います。
    jigusou様のブログ拝見させて頂きました。
    伊豆・下田、釣師にとっては、聖地のような場所ですね。
    そんな素晴らしい磯で竿が出せるなんて羨ましい限りです。
    残念ながら、私はまだ行った事がないのですが、私の師匠が年に数回そちらの方面への釣行をおこなっております。
    毎回、沢山のお土産を頂くので良い磯が多いのでしょうね。
    jigusou様の配合エサ、「爆寄せ」「V9」「赤だんごチヌ」ですかね?
    今まで「赤だんごチヌ」は試した事がありませんが、機会があれば一度試してみたいと思います。
    貴重な情報有難う御座います。
    今後ともよろしくお願い申し上げます。
    2016年02月16日 22:47
アクアクララ