【フカセ釣】寒グレ時期(低水温期)のウキ下設定の考え方は?







私がグレ釣り1年生か2年生の頃に、先輩達に寒グレ時期(云わゆる低水温期)のウキ下設定についてこんな風に教わったことがあります。

低水温期には、サシエが残る事が多くなってくるのでサシエが取られる棚を探さないといけない。
もちろん、その通りでまずその場所を探す努力をします。
私の場合、水深の浅い釣り場では固定仕掛けで徐々に棚を深くしていきサシエの取られる棚を探して行きます。
水深の深い釣り場では、半誘導仕掛けで棚を探っていきます。
このサシエが取られる棚を探すという作業は、その棚にたどり着くまでの手法は違ってもほとんどの方がされている事だと思います。

また低水温期には、グレの行動範囲が高水温期と比べ狭くなるのか、少し棚が深くなる、あるいは浅くなるだけでサシエが取られないということもよくある話です。
そんな低水温期のグレの活動範囲、グレの棚は、どんな風になっているのでしょうか。
先輩達から聞いた話では、海面から何ヒロという考え方ではなく、底から5m以内まで何ヒロという考え方なのです。
底から5m以内というのは、どのような根拠があるのか分かりませんが、低水温期でグレの活性が低いときは底から5m以内までしか浮いてこないのではないかということです。
例えば、水深が10mの場合は棚が約竿1本前後位と考えられます。
これが水深15mの場合となると、棚が約竿2本前後位となってしまいます。
この例は極端な例ですが、何処の釣り場も海底の起伏が一定という訳ではなく、落ち込みもあればシモリなどもあり決して一定ではありません。
その為、サシエの投入位置により棚を微妙に変更していかなければ良い釣果を出すことが出来ないというのです。
確かに低水温期の場合、普段通いなれた釣り場で通常時期の棚では食いが悪く、棚を深くすることで食いが良くなったという経験がしばしばあります。
そう考えると、底から5m以内(実際は5m以内かどうかという検証をしていないので不確定な部分もありますが)というのも決して間違いではないのだということがわかります。
20151120.jpg

グレのフカセ釣りの場合、釣りの基本的な考え方として、撒餌とサシエの同調ということがあります。
この撒餌とサシエの同調を行う場合、水深が深いほうが同調させやすいのか、浅いほうが同調させやすいのかを考えると、明らかに水深が浅いほうが同調させやすくなります。
その為、もしポイントを選べるとした場合は、私は水深の浅いほうを選択することが多いです。
普段、私が良く通う和歌山の南紀方面は、三重県の尾鷲地区のように水深が極端に深くないので、比較的撒餌とサシエの同調がしやすい海況となります。
もちろん、潮の流れや海底の状況、釣り場の実績によって異なりますが、敢えて同調の難しい水深が深い場所を選ばなくても良いのではないでしょうか。
もうひとつ水深の浅いほうが良いのではという理由は、サシエの取られる棚を探すのが早いということです。
水深が深くなればなるほど、探る範囲が広くなってしまいますから、それだけ時間もかかってしまいます。
とは言っても、水深のあるほうが水温が安定しやすいのではないかという考えもあり、一概にどの方法・考え方が正しいとは云えないということも事実です。
サシエの同調については、以前の記事「【フカセ釣】今ハマっている「強集魚力・煙幕のダブル効果を併せ持つ撒餌(コマセ)」作りの組み合わせ。」を参考に、撒餌を作って頂ければいかがでしょうか。

あとは、釣りやすさという事を考えると、出来るだけゆったり沖に向かって流れる潮の場所を探すというのが理想ではないかと思います。
あて潮よりも、払いだして行く潮のほうが断然釣りやすいですからね。

今、お話させて頂いた低水温期は底から5m以内の棚という事を頭の片隅に置いて頂くことで、釣り方の引き出しが増えると思います。
食い渋った時は、是非お試しください。

この記事へのコメント

アクアクララ