【フカセ釣】ラインコントロール・ラインメンディングについて







フカセ釣り初心者のさんと一緒に竿を出させて頂くと良く目にする光景があります。
その方達は、仕掛けの投入までの動作は様になっているのですが、実際仕掛けを投入するとその後は投入しっぱなしという姿です。
何が云いたいのかと言いますと、サシエを狙いの潮筋や棚に届けるための誘導操作をまったく行っていないということなのです。
もう少し分かりやすく言うと、サシエ、ハリス、ウキ、道糸の順に狙いのポイントへ送るためのラインコントロールをまったく意識していないということなのです。
20151121.jpg

道糸は風や海面の流れを受けやすく、その抵抗がウキに伝わり、最終的にサシエに伝わります。
その抵抗がサシエを狙いのポイントから遠ざけてしまうという結果となってしまいます。
そう言った状況を釣りを始めて間もないうちは気がづかず、そのまま釣りを続けてしまい「今日も食いが渋いですね。あたりが出ないですね。」という話になっていることがしばしばあります。
偉そうにここで書いている私も実はそうでした。
仕掛けを投入したあと、ラインコントロールなんてしないし、「道糸がウキを引っ張っているのか」「ウキが道糸を引っ張っているのか」気にもしていなかったですから。
当然、殆ど釣果もなく、「今日も食いが渋かったですね」なんて、釣行後に言ったりしていました。
せめて、釣行中にそんな話をしていれば、先輩達もきちんと教えてくれただろと思います。
本当にもったいない釣行を繰り返していた事を今更ながらに思い出します。

もうベテランの方はすぐに答えがわかると思いますが、ポイントへ仕掛けを誘導するには「ウキが道糸を引っ張っていく」というのが理想です。
ただ、ここでまだ問題がひとつ、「ウキが道糸を引っ張っている」のですが、食わない・掛からないという状況もあります。
理由はさまざまありますが、一つは海面(表層)の流れを考えていなかった場合です。
海面(表層)の流れが速く、その流れにウキを乗せて流して行くと、ウキが先行し道糸を引っ張っていきます。(まさしく「ウキが道糸を引っ張っていく」状態にあります。)
しかし、水中の肝心の「サシエがウキに引っ張られる」形でV字形状となり撒餌の筋からサシエが外れてしまう(同調できない)、あるいはサシエだけ取られてウキにあたりが出ないといった状況が発生してしまいます。
分かりやすい例が、ウキのトップ(頭の部分)が潮下のほうを向いている時や仕掛けを回収する時にとにかく抵抗が少なく軽い時、あとはサシエが思いのほか手前から水面に上がってくるといった場合はサシエが後からついて行っている(引っ張られている)ということだと思います。

では、どういう方法で「サシエ、ハリス、ウキ、道糸」の順に流して行くかという事ですが、ここで「ラインコントロール」が有効な手段だということです。
まずは基本に戻り、仕掛けを投入した際、仕掛けが着水する直前にサミングを行い糸の出を止め、サシエから着水するように気を着けます。
また着水後は、弛みを取るためにハリス分の長さ程度を引き戻し、「サシエ、ハリス、ウキ、道糸」が直線になるように意識します。
この時、サシエからウキまでの張りができるのでサシエから潮筋の中へ仕掛けを送り込むことが出来るようになります。
ポイントとしては、サシエから流して行くために軽く張りを作ったり緩めたりを繰り返しながら仕掛けを送り込んでいくイメージを常に持っておくことです。

この方法でも海面(表層)の流れ早くウキが先行してしまう場合は、ウキを少し沈め気味になるよう浮力調整を行い同じように流すことをイメージをしてください。
ウキの浮力調整を行う方法として、浮力調整用としてウキの下あたりにガン玉を追加する、あるいはウキ本体に板鉛を貼る、あるいはマイナス浮力のウキに交換するなどの方法があります。
さらに対策を考えるなら、道糸をサスペンドタイプへ交換するのも一つの手だと思いますが、道糸を変えるのは若干手間がかかるので、参考程度に留めておいてください。

次に、風や海面(表層)の流れの影響を受け潮筋から外れたり、撒餌との同調が出来ない場合は、「ラインメンディング」を行い本来サシエを流したいポイントへ誘導できるよう道糸の位置を置き直してあげる必要があります。
この「ラインメンディング」をしなければ、どんどんポイントから外れてしまいます。
では、どうすれば出来るのか、簡単です。
竿先を上げて、道糸を流される方向と逆側に置き直してあげればいいのです。
この時、ゆっくり竿先を上げていくと風の影響を長く受けてしまうので、優しく早く置き直すというイメージで行ってください。
風の影響を長く受けてしまうとせっかく水中に入っていたサシエが大きく浮き上がってしまう可能性がありますので、ラインメンディングは大きくしなくても良いように、こまめに行うよう心掛けます。

釣りの面白いところは、こういった動作が上手く出来ている時には、あたりが来るというのが感覚的にわかることがあります。
「良い感じでサシエが入って行っているなぁ。あたりが来そうな気配だなぁ。」なんて感覚ですかね。

私が、クラブの後輩などに聞かれた時や気づいた時は、こんな風に「ラインコントロール・ラインメンディング」の大切さをお話させて頂いています。
たったこれだけの動作をするだけで、釣果が本当に変わってくるんですから、やらない理由はないですよね。
かなり、乱暴に急いで書いたので伝わりにくい部分がいっぱいあったかもしれませんが、初心者さんに1尾でも多く釣って頂き楽しさをわかって頂ければと思います。
これから、寒グレシーズンに入っていくこととなりますが、この寒グレシーズンは風の吹く時期でもありますので、今日の「ラインコントロール・ラインメンディング」は重要となってきます。
是非、実践してください。

最後に、私の師匠のお友達でもあります「京都府連 Uさん」が、本日五島で行われているシマノジャパンカップ(グレ)初日のトップという事がわかりました。
数年前に、クラブメンバーもファイナル進出を果たしたのですが、惜敗となり残念でした。
Uさんは、この勢いで優勝まで爆進お願い致します。
陰ながら応援致しております。

この記事へのコメント

アクアクララ