【SHIMANO レバーブレーキ】BB-X 性能比較(TECHNIUM Mg vs HYPER FORCE 編)


普段、DAIWAのリールを使用している私にとっては、正直違いが良く分からない状況です。
その為、SHIMANO ほぼ初心者がSHIMANOホームページを見ながら作成した性能比較です。
一部、個人的な意見を記載していますが、間違った理解としたらお許しください。
基礎知識習得ということで性能を確かめておりますのでよろしくお願いします。

ということで、今回は BB-X TECHNIUM Mg vs HYPER FORCE 編ということで調べてみました。
20151125.jpg ※ 画像はSHIMANO HPより

対象モデルの選定は下記としました。
● BB-X テクニウムMg(BB-X TECHNIUM Mg)には、2500DHG / 2500DXG / C3000DHG / C3000DXG の4アイテムがありますが、性能的に ギア比6:1のHGモデルとギア比6.6:1のXGモデルのギア比の違い、もう一つは2500モデルとコンパクトボディのC3000モデルとの違いのため、今回はC3000DXGモデルを比較の対象とさせて頂きました。

● BB-X ハイパーフォース(BB-X HYPER FORCE)には、2500DXG / C3000DXG / C3000D Type-G / C4000 Type-G の4アイテムがありますが、性能的に ギア比6.6:1のXGモデルとギア比4.6:1のType-Gモデルのギア比の違い、もう一つは2500モデルとコンパクトボディのC3000、C4000モデルとの違いのため、今回はC3000DXGモデルを対象とさせて頂きました。
尚、比較対象とはしておりませんが、C4000 Type-Gについては、ドラグ機能がついていないモデルとなっています。

シマノ BB-X ハイパーフォース C3000DXG  /レバーブレーキ付きリール/SHIMANO



TECHNIUM Mg vs HYPER FORCE 編
BB-X TECHNIUM Mg
C3000DXG
BB-X HYPER FORCE
C3000DXG
標準価格
84000円
標準価格
48300円
機 能 機 能
“HAGANE”ギア “HAGANE”ギア
“HAGANE”ボディ “HAGANE”ボディ
X-SHIP X-SHIP
マグナムライトローター
AR-Cスプール
バリアコートステンレス
スプールリング
AR-Cスプール
CI4+
S A-RB S A-RB
SR-ワンピースベール SR-ワンピースベール
イージーメンテナンス
システム
イージーメンテナンス
システム
エアロラップ
(ウォームシャフト)
システム
エアロラップ
(ウォームシャフト)
システム
バリアフィニッシュ バリアフィニッシュ
海水OK 海水OK
超軽量マグネシウムボディ
急激な引き込みにも安心の
セーフティーストッパー
糸ヨレを抑える
S A-RB 2個内蔵、
SRパワーローラー
スーパーフローティング
シャフト
ストレスフリー
ベールシステム
仕 様 仕 様
ギヤー比:6.6 ギヤー比:6.6
最大ブレーキ力
98.0N/10Kg
最大ブレーキ力
78.4N/ 8Kg
最大ドラグ力
98.0N/10Kg
最大ドラグ力
78.4N/ 8Kg
自重(g):230 自重(g):230
スプール寸法
(径/ストローク)
47.5/14.5mm
スプール寸法
(径/ストローク)
47.5/14.5mm
ナイロン糸巻量(号-m)
2.5-180、3-150、4-100
ナイロン糸巻量(号-m)
2.5-180、3-150、4-100
PE糸巻量(号-m)
1-400、1.5-270、2-180
PE糸巻量(号-m)
1-400、1.5-270、2-180
巻取り長さ
(cm/ハンドル1回転)
98cm
巻取り長さ
(cm/ハンドル1回転)
98cm
ハンドル長
50mm
ハンドル長
50mm
ベアリング数
S A-RB/ローラー
14/1
ベアリング数
S A-RB/ローラー
8/0
※ 素人調べの為、間違いがありましたらお許し下さい。
  詳しくは、SHIMANO ホームページ で改めてご確認下さい。

普段、DAIWAを使用している私にとっては新鮮なことばかりなのですが、ホームページを見比べている限りではBB-X TECHNIUM Mg と BB-X HYPER FORCE の大きな違いがなかなかわかりにくい感じがします。
というのも、スペック上での基本性能では大きな違いがなさそうな気がしているのですが・・・。
とはいえ、価格が全く違うので大きな違いがあると思うのですが、一体何が違うのでしょうか?

見比べたところ、違いはというと、
● 超軽量マグネシウムボディ
● 耐久性50%アップのバリアギア
● バリアコートステンレススプールリング
● ウォーターレジストボディ
● セ-フティーストッパー
● ベアリング数 S A-RB/ローラーの数
● スーパーフローティングシャフト
● ストレスフリーベールシステム
● ブレーキ力・ドラグ力の差
というところでしょうか?

SHIMANO の製品は奥が深いですね。
まだまだ、勉強が足らないです。
本当の良さを解かるには、これからもっと調べて行かないといけないようです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
アクアクララ