2015年の納竿は、波止で締めました?

いよいよ2015年も残すところ僅かとなりました。

今年も磯釣りクラブの例会からスタートした一年でした。
例会は、三重県贄浦の名礁フタゴ。
生憎波が高く、磯に上がって数分で頭から大波をかぶり震えながらの釣りでした。
結果は・・・。
美味しいお土産だけはキープできたというところでしょうか。
その後は、伊古木のセシマや周参見の地のセシマ、見老津、太地に熊野などなど楽しく釣行できました。

暖かくなってからは山登り、近所の山から大峰山系の山々、そしてメインは北アルプスの「剱岳」。
テントを担いで2泊3日の山歩き、楽しかったなぁ。

そして、寒グレシーズン突入とはいえないですが、この12月の納竿大会でまたまた太地でお世話になりました。
納竿大会では、一応トップの釣果ということで面目を保つことができホッとしました。

最終日の今日、本当の納竿ということで、近くの波止で儀式的な釣行に。
KIMG0354.jpg
KIMG0351.jpg
KIMG0353.jpg
KIMG0352.jpg
KIMG0355.jpg

撒餌もオキアミ生3Kgを1枚、それとグレパワーV9を1袋といういつもと違う感じです。
最近あまり釣果が出ていないようで、約1Km程ある波止の釣人もほんの数人といったところ。
釣果は予想通り、全く反応なし。
潮も動かず、潮色もわるく水たまりで釣りをしているような状況。
サシエも残ったまま。
エサ盗りの姿も全くなし。
たまにボラが撒餌を拾いに寄ってくる程度。
そして唯一のあたりは、12cmのガシラでした。
KIMG0356.jpg

このガシラが今年最後の釣果となりました。
もちろん、優しくリリースしましたよ~。
納竿釣行は、ほんの数時間でしたが、今年一年をガシラが締めてくれました。

そんな一年の締めと、来年も今年以上に良い年であることを願い、本マグロ大トロで一杯。
KIMG0357.jpg
良い年でしたぁ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431936742

この記事へのトラックバック
アクアクララ