私がグレ(メジナ)フカセ釣りで使用するウキはこんなウキ!








グレ(メジナ)フカセ釣りで使用するウキには、色々な形やサイズ、大きさ、浮力などがあります。
一般的には「円錐(どんぐり)ウキ」と言われるウキが多く使用されているようです。
今回は、ウキの役割などまったく関係なしに、私個人が好きで使用しているウキを勝手に紹介したいと思います。

ウキの役割、性能、種類ごとの使い分けなど考えると限がないくらいあると思いますので、細かなことは気にしないようにしています。
ただ、個人的に私がウキに求める役割・性能を優先順位別にあげれば、
1. 仕掛けを目的のポイントに投入する
2. 仕掛けを潮に乗せてポイントに運ぶ
3. 一定の浮力をキープする
4. 違和感を与えにくい
5. 視認性が良い

という所だと思います。


それでは、その優先順位が何故なのか紹介したいと思います。

1. 仕掛けを目的のポイントに投入する
磯や潮の状況により、潮目が近づいたり離れたりといつも一定の位置にあるということはありません。
グレ釣りの良いポイントでもある潮目が沖に離れた際、足元から潮に乗せ仕掛けを沖のポイントへ運ぶには時間がかかってしまう、またポイントにたどり着くまでにエサ盗りにサシエを盗られてしまう、あるいはポイントまでたどり着かないといったことが考えられます。
そんな時は、時短とエサ盗り、ポイントへの投入対策としてダイレクトに仕掛けを投入できるだけの自重や体積のあるウキを使用するということが有効な手段の一つだと思っています。

2. 仕掛けを潮に乗せてポイントに運ぶ
潮が動かない時や潮の動きが少ない内磯は別として、潮がかなり動く場合は潮受けや潮乗りの良いウキが有効だと思っています。
一旦潮が動き出すとポイントが遠くになってしまったり、本流への引かれ潮に乗せ遠くの本流との合流点で喰わせるや、また直接本流を釣るといった感じでの場合は比較的仕掛けが入りにくく浮き上がってしまうという事が考えられます。
そんな時は、マイナス浮力のウキを使用して強制的に浮き上がりを抑えながら仕掛けを入れ込んでいくという事を考えています。

3. 一定の浮力をキープする
ウキでよくあるのが、使い始めは水面ギリギリで浮いていたウキが、使用しているうちに自然とウキが沈んでいってしまうといったように一定の浮力を保ってくれないということがあります。
原因としては、潮の状況や道糸の劣化により道糸自身が想定以上に沈んでしまうためウキに影響を及ぼしてしまうといったことが考えられますが、ウキによってはウキ自身も海水を吸収してしまい沈んでしまうという事があります。
道糸が原因により引き起こされるウキの沈みは、道糸をできるだけ新しいもに交換するといった方法で対策します。
ウキが原因により沈む場合は、海水を吸収しない素材を使用しているウキを選択する必要性があります。
ウキの素材が「木」を中心に作成されているものは、磯などにウキが当たった際に塗装が剥がれそこから海水が木に染み込んでいくといったことが考えられるため、いつでも同じ浮力を保つプラスチックのような素材を選ぶようにしています。
ウキが一定の浮力をキープしてくれるという事は、自分の思う棚を探れるということだと考えています。

4. 違和感を与えにくい
魚がサシエを咥えた時に違和感を与えないようなウキが理想だと考えています。
ウキの大きさや形もそうですが、ウキの穴の大きさやリングのあるなしを比較的重要視しているように思います。
できるだけ、糸抜けが良いウキ、浮き上がりにくいウキで入りが良いウキが欲しいところです。
実際釣りをしていて、サシエとウキが思うように流せた時は喰ってくるような感覚がして、実際よく喰ってくれることが多いんです。
そんな時は、サシエから穂先までほぼ一直線になる感じで仕掛けが流せていて、魚の当たりも「コツン」と手元まできたりするんですよね。
魚が違和感を感じてしまうとすぐに口から離してしまうため、そんな小さな当たりは感じられないのですが、違和感を与えにくい糸抜けの良いウキなら喰い込みもよくなってくるように思います。

5. 視認性が良い 
ウキを沈めて流したりしている時は、視覚での当たりを取ることは難しいですが、足元はもちろん遠投や仕掛けを潮に乗せて遠くまで流したりしているときもできるだけ視覚で確認できるものが理想です。
とは言え、どうしてもウキの浮き上がりを抑えるウキは遠くになればなるほどヘッド部分が見えなくなってしまうというのが普通なので中距離まで何とか視認できれば良いのではないかと思っています。
ウキが沈む瞬間は何とも言えないドキドキ・ワクワク感がありますからね。
あとは、やはり合わせるタイミングがつかみやすいという事ですね。


次に、私が実際に使用しているウキをご紹介させて頂きます。

1つ目は、【kizakura】IDR PRO Ⅱ(レッド)です。
良く使うシーンとしては、ポイントが少し遠いという時の遠投用としてということが多いです。
ウキの浮力は「P-J3」「P-0」「P-02」の3アイテムを用意しています。

キザクラ(Kizakura) 円錐ウキ IDR PRO II(レッド) (KZKR)




2つ目は、【kizakura】IDR Dear G(レッド)です。
良く使うシーンとしては、風や波気のある時に足元から中距離を狙うウキとして使用することが多いウキです。
ウキの浮力は「3B」「B」「0シブ」の3アイテムを用意しています。

キザクラ(Kizakura) 円錐ウキ IDR Dear G (レッド) (KZKR)




3つ目は、【kizakura】K's Grevis ST(レッド)です。
良く使うシーンとしては、潮がゆっくり沖に流れ比較的浅棚を意識して釣る時に使用することが多いウキです。
ウキの浮力は「0」を用意しています。
もう少し沈めていきたい時などは、板錘をウキに貼って浮力を調整します。

キザクラ(kizakura) 飛ばし・ナナメウキ K's Grevis ST(レッド) (KZKR)




4つ目は、【kizakura】K's Magnas ST(レッド)です。
良く使うシーンとしては、潮が比較的早く沖に流れ少し深棚を意識して釣る時に使用することが多いウキです。
ウキの浮力は「0シブ」を用意しています。
もう少し沈めていきたい時などは、板錘をウキに貼って浮力を調整します。

キザクラ(kizakura) 飛ばし・ナナメウキ K's Magnas ST(レッド) (KZKR)




5つ目は、【SHIMANO】CORE ZERO-PIT TYPE-D(Mサイズ)です。
良く使うシーンとしては、遠投以外のほぼ全てのシーンで活用しています。
ウキの浮力は「3B」「B」「0」の3アイテムを用意しています。
ボテッとした形状で遠投もでき、また波気にも強い設計になっています。
何より、ウキを交換する際に道糸を切らなくてもウキ交換ができるというのが大きな魅力です。
時間制限のあるトーナメントや短い時合いの時にウキ交換をしたい時は頼もしいウキとなります。
私の場合、遠投用として使用しないのは、道糸にウキを取り付けるためのキーパイプというものを通すのですが、そのパイプがウキよりも長いため、糸抜けが若干悪くなります。
その為、私が使用するレンジは比較的近距離から中距離で使用します。
このウキを使いだすともうやめられなくなってしまいます。
楽をするといけないのですが、でも釣れてしまうから仕方ないですね。

即納☆ SHIMANO / シマノ CORE ZERO-PIT TYPE-D M ウキ 0  FL-01BL Mサイズ ◆ P20Feb16定形外可能



SHIMANO / シマノ CORE ZERO-PIT TYPE-D M ウキ B  FL-01BL Mサイズ 定形外可能 ◆ P20Feb16



SHIMANO / シマノ CORE ZERO-PIT TYPE-D M ウキ 3B  FL-01BL Mサイズ 定形外可能 ◆ P20Feb16





その他、「1号ウキ」や「5Bウキ」、「カヤウキ」に「水中ウキ」など色々とベストのポケットには入っているのですが、私がメインで使用しているのは上記の5アイテムくらいでしょうか。
とにかく、その状況に合わせて仕掛けを作っていかなければならない為、どうしてもウキの種類が増えてしまうんですよね。
それでも、納得のいく釣行、納得のいく一尾のために、ついつい買ってしまうんです。
釣り師の悲しい性です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434065901

この記事へのトラックバック
アクアクララ